最近ブームになっているFXとやらをやってみた

最近アベノミクスの効果なのか、よくインターネットで調べ物をしているとFXというものを目にするようになった。

FXってなんだろうと思って少し調べてみたら、どうやら外国為替証拠金取引のことで、外貨と日本円を売買した時の差額によって儲ける方法らしい。
なんだか怪しいなと思って、はじめは調べただけで終わったが、その後も何かと気になってきて、ちょっとやってみようかなと思ったので、有名そうなところの会社にFX口座開設を申請してみた。
何日かたって、ようやくFXの口座が開設されたので早速投げ無しの10万円を投入して取引を行なってみた。

勢いだけで口座を開設した上に、FXの基本や用語などをろくに調べもせずに取引をしていたので、結果は惨敗。

たった3日で5万円の金を失ってしまった。ただ、この結果はちゃんと損切りをしなかったためであって、途中まではちゃんと利益も出ていたので、少しずつ調べながら取引をすれば利益が出そうだと思った。
これからも、FXのことを勉強しながら取引を続けて行きたい。

レバレッジについて思うこと

FXは資産を増やせる投資の1つであり、株式投資と比べて大きくレバレッジをかけるということもできます。少ない資金で大きなお金が動かせるので、自分が天下統一したような大きな気持ちになってしまいます。レバレッジは、日本の業者では25倍までなら好きなように調節してトレード出来ます。

この相場は自信があると思えばかける事も可能だし、自信がないと思えばかけない選択も可能です。レバレッジがある事でFXの可能性が広がります。私はレバレッジと聞くと、ちょっと重く感じます。2倍とか3倍とか、上に行けば行くほど圧力というものを感じます。

レバレッジと比例するのは精神面だと思っています。ハイレバレッジになると、大丈夫かなぁと心臓が高鳴ります。かけるほど、負担がかかってきます。レバレッジをかける人はエントリーに自信がある人とか、もともと度胸のある性格を持っている人が多いのではないかと思います。私がハイレバレッジにするときは、覚悟が出来たときです。